ホーム > 相続の方法について

相続の方法について

相続の方法について

相続の方法3種類について(単純承認、相続放棄、限定承認)

「単純承認」とは、積極財産(プラスの財産)も消極財産(債務)もすべて相続するというもので、これが相続の原則となります。
「遺言書」がある場合にはその遺言書の記載どおりに遺産が配分されますが、「遺言書」がない場合には、法定相続分どおりに遺産を配分するのが原則です。
被相続人の財産形成に特別に貢献した人には、寄与分が認められる場合があります。
また、被相続人が債務を残した場合、相続人は相続放棄をしない限り、債務を引き継ぐことになります。
これは相続開始から3カ月以内に手続をしなければならないので、被相続人に財産目録(債務も含めたもの)を作成しておいてもらうことが重要です。

「限定承認」とは、被相続人が積極財産(プラスの財産)と消極財産(債務)を併せ持っていた場合にプラスの財産の範囲内で負債も相続するというものです。
話は少し横道に逸れますが、生命保険は相続税の申告の際には遺産として扱われますが、法律上の相続の場面では、受取人の財産になります。
遺産とは別物という扱いになるので、相続財産からは除外されることになります。

単純相続するかどうかを選ぶときには、これらの知識が必要となってきます。

相続放棄の重要性と条件について

相続放棄の重要性と条件について

「相続放棄」とは、被相続人の財産の相続を積極財産、消極財産にかかわらず全面的に拒否する手続です。
この場合、相続人は相続開始から3カ月以内に申請を行う必要があります。

ただし、被相続人の残した積極財産と消極財産の正確な額が分からない場合には、とりあえずその熟慮期間の期間をさらに3か月以上延ばすよう申請する必要があります。

相続放棄の手続

相続放棄を行う場合には、相続開始を知った時から3カ月以内に申請をする必要があります。
ここでいう「3カ月以内」は、相続の開始を知った時から起算します。
ですから、相続人が被相続人の死亡を知らなかった場合には、「知ってから3カ月以内」に家庭裁判所に相続放棄申述受理申立てを行えば、認められることもあります。