ホーム > 成年後見制度・任意後見契約

成年後見制度・任意後見契約とは

成年後見制度・任意後見契約とは

こういった時に制度の利用をおすすめします

こういった時に制度の利用をおすすめします

認知症などの症状が見られて正常な判断ができなくなったご高齢の方などには、成年後見人を選任してもらうことができます。
財産を管理してもらえ、詐欺被害などを防止するという意味でもメリットは大きいと思います。

最近は金融機関などでの本人確認が非常に厳しくなってきています。
極端な話、奥さまでも預金がおろせない場合もあるので、成年後見人やそれに代わる立場の方が必要になることが多くなっています。
しかし、成年後見人は、その方が正常な判断ができなくなってからしか選ばれませんので、自分の成年後見人が誰になるかを選ぶことはできません。

そこで、そのような事態に備えて、そのような事態になったときに成年後見人と同じような役割を果たしてくれる方を予め選んでおく制度が、任意後見契約です。

自分が正常な判断ができなくなる可能性がある場合にその事態に備えるためには、この制度を利用するほかありません。

弁護士を選任するメリット

制度上、成年後見人は家庭裁判所からの選任によって任務に就き、必ずしも特別な資格を必要とするものでは必要ありませんが、特別に紛争性が高いケースなどでは弁護士が選任されることが多くなっています

このような弁護士であれば、認知症などになって財産管理ができなくなってしまう事態に備えて、任意後見契約を締結して財産管理を任せるのに安心です。